LIVING STYLE 2025

LIVING STYLE 2025 LIVING STYLE 2025

未来のライフスタイルを支える、
新たなサービスを構想・開発する
プロジェクト

2025年、日本人の平均年齢は50歳になり日本の労働力が6000万人を下回ると言われています。また、総人口に占める高齢者の割合が約3割に、単独世帯が1800万世帯になり、我が国の社会情勢に大きな変化が起こり、我々の生活にも大きな影響をおよぼすと言われています。さらに、AI(人工知能)の進化や、IoTなどの台頭が「ライフスタイル」の変化を加速させることになると予想されています。(※)
阪急不動産は、住まいに関する幅広いサービスの提供を行ってまいりましたが、これから起きる大きなライフスタイルの変化を支える新たなサービスが必要になると考え、未来における「新しいライフスタイル」を構想・開発するプロジェクト「LIVING STYLE 2025 住まいの未来」を立ち上げました。

※博報堂生活総合研究所 調べ

世界最高峰のコミュニケーション・
インタラクション研究・開発機関

「アルスエレクトロニカ」
から得た知見をもとに
新しいライフスタイルを構想

「今後、生活環境が大きく変化する未来においても、人々は集まって住むのだろうか?」
この問いをスタートに、未来に通用する住まいの在り方を示し実現していくために、
プロジェクトの第一歩として世界的なクリエイティブ機関「アルスエレクトロニカ(ArsElectronica)」と
ワークショップを実施し未来への洞察を深めました。
また、彼らからのインスピレーションに加え今後は、富士通デザイン株式会社との共創で、
未来のヒト・住まい・街が求めるであろう価値をデベロッパーとして独自に探求し、
未来の住まい像を提案してまいります。

アルスエレクトロニカとは

  • アルスエレクトロニカ ロゴ
    オーストリア・リンツ市を拠点に、過去35年以上に渡り、「先端テクノロジーがもたらす新しい創造性と社会の未来像」を提案し続けている世界的なクリエイティブ機関です。「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」を通し、クリエイター、アーティスト、技術者、科学者たちの世界規模のクリエイティブ・コミュニティを形成してきました。またR&D部門の「アルスエレクトロニカ・フューチャーラボ」は先端テクノロジーが持つ可能性を、新しい商品や未来コンセプトモデル開発、新しいエンターテインメント(感動体験)として創り上げる世界最高峰の技術を有しており、地域再生にとどまらず、通信、自動車、家電、公共施設、商業施設等、様々な領域におけるイノベーションに貢献しています。欧州企業だけでなく、日本企業との協働プロジェクトも多く手がけています。
    アルスエレクトロニカ・センター
    photo: Nicolas Ferrando, Lois Lammerhuber
    /アルスエレクトロニカ・センター

2017 
7/10~11

アルスエレクトロニカと住まいの未来を
考える
ワークショップを実施しました。

2025年の集合住宅の在り方を構想・開発する為に、総勢13名でアルスエレクトロニカがあるオーストリアのリンツを訪問しました。日本でのワークショップを経て、7月10~11日の2日間アルスエレクトロニカセンターの見学など、アルスエレクトロニカの未来へ向けた姿勢を現地で体感することでインスピレーションを高めて、阪急不動産の社会的使命を言語化していくワークショップを実施しました。現地でのフィールドワークで五感を活かし、見て感じる事、聴いて感じる事、触れて感じる事など、あらゆる物事からインスピレーションを受け、これらの体験から未来起点で発想する視点を身につけることができました。

  • ワークショップ
  • ワークショップ
  • ワークショップ